フラット35審査基準

フラット35の審査基準は甘い?おすすめな人とは?

見出し
最低水準の金利と手数料!ネット銀行ならではのサービス!
フラット35で当サイトイチ押し!
矢印
申し込み

 

 

フラット35審査基準は甘い?厳しい?
矢印

2012年10月に会計検査院が住宅金融支援機構に対して金融機関に指導を求めるというニュースがありました。その指導の内容とは住宅金融支援機構と提携している民間金融機関の一部で甘い審査が行われているというものでした。全ての民間金融機関がそうであるとは言えませんが実際に機構が求めている融資審査基準を下回っている場合でも融資が行われているという実態があったということです。

 

中には自社の住宅ローンでは行っている信用情報機関への紹介をフラット35の場合は行っていないというケースもあったそうです。フラット35審査は民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して融資を行うというその性質から、どうしても甘くなる傾向があるということがこのことからわかります。甘いという口コミはこういったところから出ている面も否定できません。しかし、指導が入ったということで今後基準が厳しくなるということは十分に考えられます。また、同じフラット35でも金融機関によってその基準が変わるということが言えます。

 

 

フラット35審査基準を教えて!
矢印

フラット35を借り入れるためには、住宅やマンションに関する技術基準満たして物件検査に合格すること。そして借り入れる人に関する審査基準の両方を満たす必要があります。技術基準は明示されていますが、返済能力にかかわる年収や、返済比率、職業、職歴などの基準は明示されていません。

 

当サイトはこれまで積み重ねられてきた経験や口コミの調査から明らかになったフラット35審査について、細かな項目に分けて、できるだけわかりやすくご案内していきます。

 

また、それぞれの金融機関によって基準は異なります。A銀行で通らない場合でも、全く同じ条件でB銀行では通ったということがあり得るわけです。ですから、借り入れを希望するならひとつの銀行だけに絞らず複数の銀行の資料請求をし仮審査を申し込むことをおすすめします。

 

 

フラット35審査基準通らない理由は?
矢印

フラット35審査を申し込んだものの、留保された、通らなかったという場合その理由を知りたいのは当然のことですよね。しかし実際にはそれを問い合わせても教えてくれるということはありません。審査に落ちたときの状況から何が理由だったのか推測するしかないのです。

 

最近よく聞くようになったのが金融機関の仮審査はOKだったのに住宅金融支援機構の本審査でダメだったという話。これはポイント1でも書いたように、民間金融機関の基準の甘さが指摘されていることから、これまでよりも厳密に基準を適用しているということが考えられます。

 

これまでも、フラット35は一面では甘いといわれながら、基準を少しでも満たさない場合は厳しくなるという口コミがありました。民間住宅ローンと比較すると融通が利かないという特徴がさらに強くなってきているのです。

 

借入金額や個人の信用などの条件はそれぞれのケースで異なりますから、うまくいかなかった場合には銀行の専門家にキチンと相談して理由を把握しておくことが大切です。

フラット35おすすめ住宅ローンランキング!2017年4月

フラット35審査期間はどれくらい?必要な日数の目安!

待つ
フラット35審査期間はどれくらいかかるのでしょうか?審査に申し込んでからどれくらいの時間がかかるのか心配な方も多いはずです。

 

他の住宅ローンと同じ感覚でフラット35審査を申し込んだ場合、時間がかかることで住宅の購入に支障をきたす可能性も出てきます。それだけに時間に余裕を持って申し込むことが求められるでしょう。

 

長期間にわたる固定金利での融資が最大のセールスポイント、低金利が続く現在の状況では非常に有利な住宅ローンと言われています。

 

通常の住宅ローンは固定金利の商品でも一定期間ごとに金利が見直され、その際に金利が上昇すると利息の額も増えることになります。

 

そのため、最終的な返済金額を契約時に計算することが難しく、それが融資を受ける際の大きなネックとなります。

 

現在の経済状況では経済的な余裕を持って住宅ローンを利用できる世帯はほんのごくわずか。どの世帯でもギリギリの経済状況の中で毎月返済している状態です。

 

ですから、フラット35のように最終的な返済額があらかじめ計算できる住宅ローンは計画的な返済を行ううえで大きなメリットがあるのです。

 

しかし、そんなメリットがあるからこそ時間がかかるという面もあるのです。

 

もともとこのフラット35は民間の金融機関と住宅金融支援機構が協力することによって成り立っている住宅ローンです。その分審査に時間がかかる面があります。

 

フラット35審査においては個人の経済力や信用情報はもちろん、物件の安全性や担保価値を重視して行われるという特徴があります。ここで物件の価値を見極めるために十分な時間をかけているからとも言われています。

 

では一般的にはどの程度の期間がかかるのでしょうか。これは申し込んだ状況や金融機関によっても異なってきますが、10〜14日程度が目安といわれています。

 

数日程度で結果が出る一般の住宅ローンに比べるとやはりかなり時間がかかるとみてよいでしょう。

 

ですから、申込みを行う際にはそのことを念頭に入れたうえで計画を練る必要があります。一般の住宅ローンでは通常、購入した住宅の引渡し日の一ヶ月前を目安に申し込むのが目安となっています。

 

しかしフラット35においてはもうちょっと余裕を持って、一ヵ月半くらい前から申し込む余裕を確保しておくとよいかもしれません。

 

また、申し込んでから一ヶ月以上時間がたつのに結果が出ないという場合には何らかのトラブルが考えられますので問い合わせを行ったほうがよいでしょう。

 

この日数は金利の設定にも影響を及ぼします。金利は申し込んだ時点ではなく、融資が行われた時点のものが適用されるからです。

 

金利は毎月変更されますから融資実行までに時間がかかっている間に変動することもあります。申込み時よりも上昇してしまった場合は損をしますからこの点も踏まえたうえで申込みを行うようにしましょう。

フラット35審査基準は甘い?【通りやすいの?】

会議
フラット35審査基準は甘いとか通りやすいとも一部では言われています。

 

通常の住宅ローンでは審査に通りにくい自営業者でも通るケースが多く、最後の選択肢として利用する人も多いようです。

 

しかしこれはただフラット35が甘いローンだからというわけではなく、他の住宅ローンと比べて審査基準がやや異なることが原因と言われています。

 

通常の住宅ローンにおいては申込者の返済能力が大きなポイントとなります。最長で35年間、長期間に渡って返済を続けるわけですから、安定した収入環境と雇用環境、そして本人の信用が求められるわけです。自営業者が落ちてしまうことが多いのもそのためです。

 

一方、フラット35では申込者よりも購入する物件の価値を重視する傾向が見られます。

 

つまり、担保として十分な価値のある物件と判断された場合には本人の年収や職業が微妙な場合でも通ることができるのです。

 

では、物件のどの部分をチェックするのでしょうか。

 

まず住宅の耐久性。どんな新築住宅でも住みはじめた瞬間に中古となります。そして経年とともにどんどん価値が落ちていきます。その価値の下落のペースや幅には建物の耐久性が大きく関わってきます。

 

耐火構造などが重視されるほか、耐久性基準に適合しているかどうかなどが問われます。

 

また、浴室やキッチン、トイレなどにきちんとした換気設備が備えられているか、土台が腐ったり、シロアリに侵食を受けたりしないための備えができているかどうかも重要なポイントとなります。

 

それから断熱構造。建物の外壁や天井、屋根、床下の断熱構造も物件の基準となります。

 

所定の厚さ以上の断熱材を使用しているかどうか、結露を防ぐ構造となっているかなどがポイントです。それから配管設備。これは配管設備が容易に点検・清掃できるかどうか、清潔な状態を維持できるかどうかがチェックされることになります。

 

このように、フラット35では建物に関するさまざまな点がチェックされることになります。

 

家を新築する際に融資を受けようと思っている場合にはまずクリアできるよう、基準を満たした家を建てることも念頭に入れておかなければならないのです。

 

これらの基準は同時に長く安心して暮らすことができる家の条件でもあります。

 

単に資産価値、フラット35審査に通りやすいかどうかだけで考えるのではなく、長期間に渡って快適に暮らせる環境を築く点もよく考えた上で家を建てる必要があるでしょう。

 

その意味でも大きな意味があると言えます。

 

一方、建売住宅を購入する際にはこうした基準を満たしているかどうかを入念にチェックしておくことも不可欠となるでしょう。

フラット35審査申し込みの必要書類は?

書類
住宅ローンの中ではやや特殊な部類に入るフラット35。借り入れにおいては本人の信用情報や経済状況よりも物件の価値を重視すると言われており、個人事業主や会社経営者など通常の住宅ローンでは通るのが難しい人でも利用しやすいと言われています。

 

また、長期間の固定金利は現在の低金利において非常に有利といわれており、サラリーマン世帯を中心に多くの人が利用しています。

 

先行きの見えない経済状況だからこそ、先々まで計画的に返済していくことができる長期固定金利に注目が集まっている面もあります。

 

特殊な住宅ローンとはいえ、申し込みは通常の住宅ローンとほぼ同じ手順で行われます。

 

異なるのは、融資対象となる住宅が定められた技術基準を満たしていることを証明する適合証明書の提出が求められることくらいでしょうか。

 

ですから、申込の際には必要な書類をしっかりと揃えておくことが重要です。

 

フラット35の申込・審査で求められる必要書類に関して、まず注意しておくべきことがあります。それは取り扱っている金融機関ごとに若干の違いが見られること。

 

住宅金融支援機構と民間の金融機関の共同で提供されているためすべて横並びのサービスというわけではなく、取扱い金融機関ごとに独自の設定や基準を設けている部分も多いのです。

 

必要書類についても金融機関ごとに求められるものが異なってくることがあるので事前によく確認しておきましょう。

 

大半の金融機関で必要となる書類としてはまず借入れ申込書。これには借入れそのものの申込書と、個人情報の取扱いに関する同意書の2種類があります。

 

それから収入・所得を証明するための書類。給与所得のみの場合は住民税納税通知書、給与所得以外にも収入がある場合には納税証明書か確定申告書の写しが必要です。

 

あとは建築費など住宅を購入する際に必要となる費用を確認できる書類。基本的には売買契約書の写しを用意することになります。

 

融資額と審査の合否を決定付ける重要な書類ですから、しっかりと用意しておくようにしましょう。そのほかには住宅の登記事項の証明書か登記簿謄本、土地の登記事項証明書か登記簿謄本も必要です。

 

これらの必要書類は最低限用意しておかなければならないもの。それ以外に上述したように金融機関ごとに求められる書類があります。

 

代表的なところでは住民票や重要事項説明書、その金融機関が用意したフラット35のパンフレットなどが挙げられます。求められる必要書類を用意するまでにある程度の時間が必要となるケースもあります。

 

いざ申し込む際になって揃わない、などということがないよう、事前にそろえるべきものを確認し、時間の余裕を持って準備するよう心がけたいところです。

 

フラット35審査基準関連ページ

フラット35中古物件購入の審査基準は?申し込み手続き!【注意点は何?】
フラット35で中古物件を購入する場合の審査手続きはどのように行えばよいのでしょうか?中古物件の審査で注意する点や申し込み方法についてご紹介します。
フラット35審査の詳細研究!自営や転職した場合は?【留保って何?】
フラット35の審査についてより詳しく研究していきます。自営業者の方、転職した方、留保についてなどフラット35審査についてより突っ込んだ内容をご紹介していきます。
フラット35審査の融資限度金額は?返済比率とは!【年収の何倍まで?】
フラット35を借り入れる際の融資限度額はいくらまでになるのでしょうか?審査に通るために有効なフラット35の返済比率や融資限度額について考えていきます。
フラット35審査の年齢基準は?返済期間!【親子リレー返済とは?】
フラット35を借り入れる年齢の審査基準と返済期間の関係について考えていきましょう。フラット35の審査に落ちないためにベストな年齢や親子リレー返済についてご紹介します。
フラット35審査と銀行の選び方は?基準を比較!【通りやすい銀行は?】
フラット35審査に通りやすい銀行があるのでしょうか?またそういった金融機関はどのようにして選べばよいのでしょうか?フラット35審査と銀行選びの方法についてご紹介します。
フラット35審査と金利の関係は?銀行比較で選ぶ!【お得な金融機関は?】
フラット35の金利は金融機関によって異なります。そのため借入の際には銀行ごとの金利の比較と審査のバランスも考えなければいけません。審査に通りやすく金利が低い銀行があるのでしょうか?
フラット35審査の手続き方法は?新築物件の購入!【申し込みは難しい?】
フラット35審査の手続き方法について詳しくご紹介します。特にここでは新築物件を購入する場合の審査手続きについて詳しくご紹介!多くの方にとって必要な情報が満載です。
フラット35審査の基礎知識!期間・日数・年収の基準!【審査は甘い?】
フラット35の審査の基本についてご紹介していきます。期間や年収、年齢の基準など押さえておきたいポイントをしっかりまとめています。フラット35の借り入れを考えている方は必見です。
フラット35審査と組み合わせできる住宅ローンとは?【変動金利は?】
フラット35と組み合わせることができる住宅ローンの審査について考えます。フラット35と同時に借りることができる住宅ローンは存在するのでしょうか?
フラット35審査は経営者に有利?賢く利用!【基準をクリアしやすい?】
フラット35審査は経営者の方に有利と言われます。サラリーマンよりも安定性という面で住宅ローンが組みにくいとされる経営者の方でもフラット35審査は基準を満たしやすいというのは本当なのでしょうか?
フラット35審査他との違いは?民間住宅ローンと比較!【メリットは?】
フラット35審査と民間住宅ローンの審査にはどのような違いがあるのでしょうか?フラット35審査のメリットとデメリットについて比較しながら考察していきます。
フラット35審査は自営業でも通る?職業と年収は!【審査基準が緩い?】
フラット35の審査は自営業者でも通るのでしょうか?住宅ローン審査では不利になることが多い自営業者でも、審査に通りやすいといわれているフラット35について調査しました。
フラット35審査の申込者の信用とは?審査基準研究!【信用情報とは?】
フラット35の審査と申込者の信用の関係はどのようになっているのかを調査しました。住宅ローンを借りる際に信用情報は非常に大きな意味を持ちます、フラット35審査ではどのような位置づけになるのでしょう。
フラット35審査で他のローンの影響は?ローンの種類!【マイナスは?】
フラット35の審査は他に借りているローンの影響を受けるのでしょうか?フラット35審査にマイナスになるローンの種類や信用情報についてご紹介します。マイナスになるのはどういったローンなのでしょう。
フラット35借り換えの審査はどう?長期固定低金利!【通りやすいの?】
フラット35借り換えの審査は通りやすいといった特徴があるのでしょうか?長期固定で低金利のフラット35への借り換えはメリットが多く、たくさんの方が注目しています、その審査基準は厳しいものなのでしょうか?
フラット35の審査の条件は?融資の利用範囲!【誰でも利用できる?】
フラット35を利用できる融資の利用範囲と審査の関係について考えていきましょう。フラット35審査の条件は細かく決まっていますが、それに対応して利用範囲も限定されていくのでしょうか?
フラット35の仮審査の仕組みは?
フラット35の仮審査
フラット35Sの審査は厳しい?金利優遇が魅力!【特別な条件がある?】
フラット35Sの審査基準はどのようになっているのでしょうか?決められた期間の金利の引き下げが受けられるフラット35Sですが、条件を満たした住宅でしか利用できません。フラット35Sを利用する場合には審査の基準も厳しいものになるのでしょうか?