フラット35審査と組み合わせできる住宅ローンとは?

フラット35審査と組み合わせできるローンは?

新築

長期間の固定金利で住宅ローンを利用することができるフラット35。長期に渡る返済のため金利による利息が最大の問題となる住宅ローンにおいて非常に有利な条件で利用できる選択肢として注目されています。

 

超低金利時代といわれ、これ以上金利が下がることはないと考えられている現代において、これ以上魅力的な選択肢はないとも言われています。

 

もともと住宅金融支援機構と民間の金融機関の協力によって成り立っているこのフラット35。

 

一般家庭のマイホーム購入を後押しするための制度ということもあり、審査においても通常の住宅ローンとはやや基準が異なっており、しっかりした家を建てること、物件そのものの担保価値が重視される傾向が見られます。

 

そんなフラット35では他の商品と組み合わせて利用することもできます。

 

たとえば「フラット35パッケージ」ではフラット35と「固定金利期間選択型」「変動金利型」の住宅ローンを一体にして利用できるものです。

 

つまり、両者のメリットを組み合わせることによってより有利な形で住宅ローンを利用することができるのです。

 

万一、フラット35を利用した後に金利が下がった場合でも契約当初の金利で返済し続けなければならない点が大きなマイナス点と言われていますが、このパッケージでは将来の金利変動に対応することで、より低金利での返済が可能となるのです。

 

また、万一途中で返済が困難な状態に陥った場合でも返済条件を変更するなどの対策を金融機関と住宅金融支援機構が行ってくれます。

 

このパッケージはフラット35と同時に融資を受けることになるため、審査もスムーズに行われる点も大きなメリットとして挙げられるでしょう。

 

もうひとつ、住宅金融支援機構が提供している「機構財形住宅融資」と組み合わせて利用することも可能です。

 

この機構財形融資とは5年間の固定金利で融資を受けられる金融商品のことで、こちらでもフラット35を契約した後に金利が下がった場合に対応できる点に大きなメリットを持っています。

 

さらに、両方の融資額を合計した金額まで融資を受けることができます。フラット35の融資額は8000万円までとなっていますが、それに機構財形住宅融資の4000万円を加えることができるのです。

 

なお、機構財形住宅融資では借入れ時の融資手数料が必要ないため、諸経費を少なく利用することができる点もメリットとして挙げられるでしょう。

 

これらの組み合わせを利用することでフラット35のメリットをさらに高め、デメリットを軽減することができるでしょう。審査の際にもとくに大きなハードルはなく、フラット35の審査をクリアできる人なら利用しやすい状況となっています。

 

安心・安定を求める人はもちろん、フラット35だけの融資では経済的に厳しいと判断している人も選択肢として検討してみる価値があるでしょう。

住宅ローン・フラット35検討中の方におすすめの銀行ランキング

サムネイル
  • フラット35の最低金利
  • 融資事務手数料・諸費用最安水準
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • ネット利用で繰上返済10万円から
  • フラット35で返済総額が安い
  • 繰り上げ返済手数料・保証料0円
  • 団信保険料は本人が負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 申し込みから契約までネットで完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 三菱UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 最低水準の低金利が魅力
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料・一部繰り上げ返済手数料も0円
  • 返済額を少なくする借り換えを実現
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料は最大15回無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35で最低水準の低金利
  • スピード審査・安定収入で申し込み可能
  • 住宅ローン専門で10年の実績
  • ARUHIメンバーズクラブが便利
  • 全国に店舗を展開・安心サポート
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み