フラット35審査の申込者の信用とは?

フラット35審査で申込者の信用情報はどう扱われる?

新築
最長で35年間に渡って固定金利で返済することができるフラット35。

 

超低金利時代が続いている現代において非常に有利な住宅ローンとして注目を集めています。

 

ただ低い金利で借りられるだけでなく、固定されているため最終的な返済額、月々の返済額をシミュレーションしやすく、計画的に利用できる点も大きなメリットです。

 

他の住宅ローンでは金利が高すぎる、月々の負担が大きすぎるという世帯でも利用できるため、幅広い層から人気を集めています。

 

しかし、長期間の返済であればあるほど申込者の信用が重要なポイントとなってきます。

 

長期間に渡って返済できるような経済状況にあるのか。これはフラット35に限らずすべての住宅ローンにおける最大のポイントでもあります。

 

フラット35は申込者の経済状況よりも物件の担保価値を重視する傾向があり、その分審査に通りやすいとも言われていますが、もちろん、経済状況も厳重にチェックされます。

 

この審査における経済状況のチェックは単に年収や勤続年数、職業だけで判断されるわけではありません。

 

もうひとつ重要な柱となるのが申込者の信用情報です。資金力の有無とは別のところで返済能力があるのかどうかが問われるわけです。そのため、審査の際には申込者の過去の信用状況や現在における借入れ状況が厳しくチェックされます。

 

では信用情報ではどのような点が重視されるのでしょうか。まず現時点での借入れ。とくに消費者金融などから借入れがある場合には審査が通りにくくなります。

 

できれば借入れが一切ない状態で申し込むようにしたいものです。それから過去の借入れ歴。現在借入れがない場合でも過去にどのような借入れ状況があったのかがチェックされます。

 

すでに完済しており、解約しているかどうか、あるいは完済しているけれどもまだ解約していないかどうかも審査のポイントとなります。

 

もっと審査において大きなマイナス要因となってしまうのが過去の事故歴。返済の遅滞、あるいは債務整理といった記録がある場合、それだけで審査に落とされてしまう場合もあります。

 

借りたお金をしっかりと返すことができなかったという事実は長期間の返済が前提の住宅ローンにおいては大きな減点となっているのです。

 

このように、信用情報が審査の成否を分ける場合も少なくありません。

 

ですから申し込む際には事前に審査に有利になるような備えを行っておく必要があります。

 

借入れがある場合には返済してから申し込む、あるいは完済している場合には解約しておくなど。こうした細かい配慮によって審査をより有利に運ぶことができるでしょう。ぜひとも意識しておきたいポイントです。

住宅ローン・フラット35検討中の方におすすめの銀行ランキング