フラット35Sの審査は厳しい?

フラット35Sの審査は基準が厳しくなるの?

自営業
フラット35といえば長期間の固定金利でおなじみの住宅ローンです。

 

超低金利と言われる状況が長く続いている現在、現在の金利に固定した状態で借り続けられるこのローンは非常に有利といわれています。

 

しかし、厳しい経済状況はそんな低金利のメリットさえ揺るがしている状況です。

 

現在の金利でさえも返済が厳しく、マイホームの購入に踏み切れない家庭が増えているのです。そんな状況を踏まえ、フラット35をさらに有利に、便利に利用できるサービスとして登場したのがフラット35Sです。

 

このフラット35Sとはフラット35を申し込んだ人のうち、一定の条件を満たした場合において借入れ金利を一定期間引き下げて利用できる制度のことです。

 

つまり、長期間の固定金利はそのままで、一部の期間においてさらに低い金利で融資を受けることができるわけです。引き下げ期間は用意されているプランによって異なっており、5〜10年程度が目安となります。

 

引き下げられる金利幅は制度変更が行われるたびに変更されている状況ですが、現在では0.3%の引き下げとなっています。

 

こんなありがたい制度があるのなら誰でもフラット35Sを利用したいと思うのでしょう。

 

しかしこの制度を利用するためにはフラット35の審査をクリアするだけでなく、一定の条件をクリアしなければなりません。いわば二重の審査を受けてクリアする必要があるのです。ではフラット35Sの審査基準とはどのようなものなのでしょうか。

 

チェックされるのは物件。購入する物件が省エネや耐震性などの要素において優れた環境にあると認められた場合にフラット35Sの利用が可能となります。

 

つまり、申込者の返済能力や勤続年数は関係ないわけです。もともとフラット35は申込者よりも物件の価値に審査の基準を重く置いているといわれていますが、フラット35Sでも同様で、あくまで物件が審査の基準となります。

 

ただし、基準を満たしていることを証明するためには専門の検査機関における検査とそれを証明する適合証明書が必要になりますからしっかりと確認しておくようにしましょう。

 

また、借換融資でフラット35を申し込む場合には利用できないので注意が必要です。

 

なお、この制度にはあらかじめ全体の予算金額が定められており、それを満たす申込みがあった場合は締め切られてしまいます。

 

その場合はいくら基準を満たす物件を購入する場合でも利用することができなくなるため注意する必要があります。

 

うまく活用すれば非常に大きなメリットを得られるだけに、購入を検討している物件が審査をクリアできる条件を満たしているのかどうかを確認してみるとよいでしょう。

住宅ローン・フラット35検討中の方におすすめの銀行ランキング