フラット35審査は自営業でも通る?

フラット35審査は自営業でも通りやすいの?

自営業
住宅ローンは長期間にわたって安定した返済能力を持っているかどうかが審査における最大のポイントとなります。

 

ですから年収はもちろんのこと、その人の職業や雇用形態、勤続年数なども重要な判断基準となります。そのため、安定した正社員のサラリーマンが優遇される一方、自営業者は厳しく判定されがち。

 

年収はサラリーマンよりも上回っているのに、あるいは同じ仕事を長期間にわたって続けているにも関わらず審査に落ちてしまう場合もあります。

 

そんな中、フラット35は自営業者に優しい住宅ローンといわれています。他の住宅ローンの審査に落ちた自営業者でもフラット35の審査はクリアできるというケースも多いのです。

 

ではなぜフラット35の審査で自営業者がクリアしやすいのでしょうか。

 

その理由のひとつが審査の基準。フラット35においても通常の住宅ローンと同様に、その人の支払能力と物件の担保価値の両方がチェックされることになりますが、とくに後者、物件価値を重視している傾向が見られます。

 

ですから安定した支払能力にやや不安が残る場合でも審査に受かりやすいのです。ですから、どれだけ価値の高い、あるいは将来的な価値上昇が期待できる物件を購入するかが非常に重要になってきます。

 

もうひとつのポイントは申込者の勤務先をあまり重視しない点。通常の住宅ローンでは年収と同じくらい勤務先や雇用形態が判断基準として重視されます。

 

年収の高さはもちろんのこと、安定した収入環境にあるかどうかがチェックされるのです。

 

この点から公務員が最上位、その次がサラリーマン。自営業者はどうしても不安定で不安のある勤務先だと判定されてしまうのです。とくに長引く不況による自営業者・中小企業の破綻は住宅ローンの審査にも大きな影響を及ぼしています。

 

しかしフラット35の場合はこの点について甘い傾向が見られており、基準となる融資金額と年収のバランスさえしっかり取れていれば審査をクリアできるケースが多いのです。

 

このように、フラット35は自営業者にとって優しい住宅ローンともいえます。

 

もちろん、どんな自営業者でも申し込めば必ず受かるというわけではありません。しかし他の住宅ローンをいくつも申し込んでそのたびに審査に落ちている人にとっては最後の選択肢となってくれるでしょう。また、経営状態が厳しい環境にある場合でもクリアできるケースが見られます。

 

家を購入したい、住宅ローンを利用したい、でも自営業者だから無理だろう、と諦めている人はフラット35の利用を検討してみてはいかがでしょうか。まず自分の年収が基準を満たしているかどうか、確認してみるとよいでしょう。

住宅ローン・フラット35検討中の方におすすめの銀行ランキング