フラット35中古物件購入の審査基準は?

フラット35で中古物件を購入する際の審査の注意点は何?

ソファ
中古物件を購入する際にもフラット35を利用することができます。マンション・戸建を問わず中古物件が人気を集めている現在、新築よりもこちらの方がフラット35の需要が大きいかもしれません。

 

中古物件で購入費をできるだけ抑え、フラット35でできるだけ有利な金利・返済条件で融資を受ける。厳しい経済状況が続く現代社会においても理想的なマイホームの購入手段といえるかもしれません。

 

中古物件を購入する際には決められた手続きを滞りなく行うことが求められますが、審査にクリアするための対策も必要です。

 

フラット35の審査においては物件の価値が大きな判断材料となるからです。極端な話、申込者の勤務先や職業が問われることはなく、年収と物件の担保価値によって審査が決められるとも言われているのです。

 

新築に比べて中古物件の担保価値は劣る点も見られますから、申込み時の段階でしっかりした物件であることをできるだけ証明することが求められるわけです。

 

では中古物件をフラット35で購入する際にはどのような手順で申し込めばよいのでしょうか。

 

まず必ず用意しておかなければならないのが適合証明書。この住宅ローンを提供している住宅金融支援機構が定めた技術基準をクリアしていることが審査をクリアするための大前提となります。

 

新築の場合は着工・中間・竣工時それぞれに検査を受け、合格をもらう必要がありますが、すでに物件が建てられている中古の場合は原則として検査を受け合格したうえで申し込むことになります。

 

なお、検査は検査機関や適合証明技術者に行ってもらう必要があり、合格の際には適合証明書の交付を受けなければなりません。

 

この適合証明書は融資の契約を結ぶ際に不可欠となるものですから、検査の際には必ず申請しておくようにしましょう。

 

無事検査をクリアしたら金融機関にフラット35の申込みを行うことになります。フラット35を取り扱っている金融機関は多数ありますが、それぞれ事務手数料や審査の厳しさ、金利を独自に設定しています。

 

ですから少しでも優遇される環境を用意している金融機関を選ぶとよいでしょう。とくに、中古物件の場合は審査の厳しさを重視して選ぶとよいかもしれません。

 

金融機関による審査が行われ、無事クリアすることができた場合には先ほどの適合証明書を提出し、融資の契約を行うことになります。その際には同時に抵当権の設定手続きなど、物件の購入に欠かせない作業も行われます。

 

中古物件の場合、適合証明書を受け取れずに審査に落ちてしまう可能性もありますから、その点も踏まえた上で物件探しを行うことが大きな鍵を握ることになるでしょう。

住宅ローン・フラット35検討中の方におすすめの銀行ランキング