フラット35審査と年齢

フラット35を借り入れる年齢は何歳がベスト?

家族
住宅ローンを利用する際に大きな問題となるのが年齢です。

 

とくに長期間のローンを組む場合にはできるだけ年齢が若いことが求められます。20年、30年と返済を続ける場合、年齢によっては途中で定年退職をするなど収入の手段を失うケースも考えられるからです。

 

マイホームは40歳までに購入した方がよいといわれるのもこのローンの返済期間と年齢との兼ね合いが重要なポイントとなってきます。

 

通常の銀行ローンでは60歳くらいまで、それを超えた場合に審査に落ちてしまうのが一般的となっています。

 

ではフラット35についてはどうでしょうか。

 

住宅金融支援機構と民間企業によって成り立っているこの住宅ローン制度では最大で35年間の長期固定金利が大きなメリットとなっています。

 

35年間も利用し続けるということは申し込み時の年齢がとくに大きなポイントとなるように思われます。

 

35歳で利用したとしても、最終的に返済が終わるのが70歳。一般的に考えてこれくらいがギリギリのタイミングと考えられるでしょう。

 

では、40歳、50歳を超えた場合にはフラット35の審査をクリアすることはできないのでしょうか、あるいは返済期間を短縮して利用しなければならないのでしょうか。

 

じつはフラット35には二世代に渡って返済を続けることができる制度が用意されています。「親子リレー返済」と呼ばれるものです。
つまり、申し込んだ本人だけでは年齢的・期間的に返済が難しい場合でも子供がローンを引きづくことによって融資を受けることができるのです。

 

ですから極端な話、60、70歳を超えている場合でも審査をクリアすることができます。子供が成人し、支払能力の判断がしやすいので有利になる面もあります。

 

なお、「親子リレー」と書きましたが、必ずしも子供が引き継がなければならないというわけではなく、申込みの際に後継者を指定する形で利用することになります。

 

その際には後継者も審査をクリアするための一定の基準をクリアすることが求められています。

 

このように、フラット35は必ずしも年齢が若くないとそのメリットを最大限に活かすことができないというわけではありません。用意されている制度さえうまく活用すれば高齢でも十分に活用することができるわけです。

 

年齢的に住宅ローンを利用するのが難しいと思っている場合、他の住宅ローンでは金利や返済期間が厳しく利用できない場合にはこうしたフラット35の制度の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

長く快適に暮らす家造りにも役立ってくれることでしょう。

住宅ローン・フラット35検討中の方におすすめの銀行ランキング