フラット35審査と銀行の選び方は?

フラット35審査に通りやすい銀行選びとは?

家族

フラット35は住宅金融支援機構と民間の金融機関の共同によって提供されている住宅ローンです。

 

住宅金融支援機構が参加することによって長期間の固定金利という魅力的な内容が実現しているのです。

 

最長で35年間、金利が変動することなく返済することができるため、あらかじめ返済額を計算したうえで計画的に返済していくことができ、現在の低金利のメリットを最大限に受けることができる点が大きな魅力となっています。

 

このフラット35はほかにもさまざまな特徴があります。保証料や繰上げ返済手数料がかからないこと、保証人が必要ないことなども挙げられますか、取り扱っている金融機関ごとに金利や設定が異なっている点も大きなポイントです。

 

フラット35という名称のもとで各金融機関が独自にサービスを提供しているため、どこで申し込んでも同じ、というわけではないのです。

 

ですから、どの金融機関に申し込めば1番得なのかをよく考えて判断することが重要になるのです。

 

金融機関を選ぶポイントは多数あります。その中でもまず第一に挙げたいのか審査の基準。住宅ローンにおいても審査が通りやすい金融機関とそうでないところがあります。

 

ギリギリの経済状況にある世帯、あるいは過去に借入れの遅延などがあり信用情報に不安がある人などはできるだけ審査が通りやすい金融機関を選ぶとよいでしょう。

 

一度審査に落ちた場合でも他の金融機関でクリアできる、というケースもあるようです。

 

それから事務手数料。フラット35を利用する際には事務手数料がかかりますが、これも金融機関ごとに設定が異なってきます。

 

1~2%程度の間で違いが見られていますが、低いところでは1.20%程度、高いと2%を超えることもあります。

 

もともとの融資額が大きいだけに1%程度の違いでも大きな金額となってきますから、各金融機関ごとの設定を確認しておくようにしましょう。

 

また、なんといっても金利。金利は返済期間や融資比率などによって変化することもあるので、自分が借りる状況にあわせてチェックし、比較することが求められます。

 

どの金融機関でも20年を区切りに金利が異なる仕組みとなっており、返済期間が20年以下か、21年以上かで金利が0.20%程度異なってきます。

 

もともとの金利設定の高い・低いはもちろん、返済年数による金利の上昇の度合いも確認しておきたいところ。

 

ほかにもさまざまな特典が得られるキャンペーンが実施されている金融機関もあります。審査と併せてこうしたメリットもよく踏まえたうえで最終的に申し込む金融機関を判断するとよいのではないでしょうか。

住宅ローン・フラット35検討中の方におすすめの銀行ランキング

サムネイル
  • フラット35の最低金利
  • 融資事務手数料・諸費用最安水準
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • ネット利用で繰上返済10万円から
  • フラット35で返済総額が安い
  • 繰り上げ返済手数料・保証料0円
  • 団信保険料は本人が負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 申し込みから契約までネットで完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 三菱UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 最低水準の低金利が魅力
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料・一部繰り上げ返済手数料も0円
  • 返済額を少なくする借り換えを実現
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料は最大15回無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35で最低水準の低金利
  • スピード審査・安定収入で申し込み可能
  • 住宅ローン専門で10年の実績
  • ARUHIメンバーズクラブが便利
  • 全国に店舗を展開・安心サポート
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み