フラット35審査の違い

フラット35と一般住宅ローンの審査に違いはある?

リビング
フラット35は民間と住宅金融支援機構によって提供されている長期固定ローンです。

 

住宅ローンである以上、利用する際には審査をクリアする必要があるわけですが、その際には一般の金融機関によるローンの審査とは若干異なる点が見られます。

 

どのようなローンであれ、まずは返済能力があるかどうかが審査における最大のポイントとなってきます。

 

この点はフラット35も、他のローンにも違いはありません。しかし返済能力を確認するうえでの違いがそれぞれに見られるのです。

 

通常のローンにおいてはその人の経済力や信用がもっとも重視されます。年収はもちろんのこと、職業、勤続年数、過去の借入れ・返済実績など。できるだけ年収が高く、また安定した職業であることが求められます。過去の信用情報も厳しくチェックされ、長期に渡って返済できる能力を有しているのかどうかが最終的に判断されます。

 

一方フラット35においても当然その人の返済能力や経済状況が問われることは言うまでもありませんが、それ以上に物件そのものが審査の対象となる傾向が見られます。

 

これはどういうことなのでしょうか。

 

簡単に言えばその物件がどの程度の価値があるのか、担保としてどの程度利用できるのかがポイントとなってきます。年収や返済能力よりもこちらに重点が置かれる傾向が見られるのです。

 

たとえば将来的に値上がりが期待できるような物件の場合は審査が通りやすくなりますが、逆に値下がりが予測される物件の場合は融資額が少ない場合でも審査に落ちてしまう可能性があります。

 

職業や勤続年数はあまり重視されない傾向も見られており、銀行のローンで審査に落ちてしまった場合でもフラット35では受かることができたというケースも少なくありません。

 

とくに自営業者が住宅ローンを利用する際にはこの審査の基準は重要なポイントとなってくるといわれています。

 

このように、フラット35の審査では独自の基準や観点で判定が下されることになります。自分が基準を満たすことができるのかを事前によく確認しておくことも重要になってくるでしょう。

 

購入を検討している物件にどの程度の魅力・価値があるのか、それに対して希望する融資額は妥当なものなのかどうかを見極めておく必要があるかもしれません。

 

長期固定金利ばかりが注目を集めているフラット35ですが、この審査内容の特徴にも目を向けて、自分にとってメリットなるかデメリットになるかも確認するようにするとよいでしょう。

住宅ローン・フラット35検討中の方におすすめの銀行ランキング