フラット35審査と金利の関係は?

フラット35の審査と金利の関係についてご紹介します。

調査

フラット35の最大のポイントは長期間に渡る固定金利での返済が可能になっている点です。

 

通常の住宅ローンでは一定期間の固定金利を採用し、その期間が過ぎると改めて金利が見直されるか、変動金利にするかの選択が求められています。

 

ですから金利変動による利息の増加などのリスクがつきまとうわけです。しかしフラット35なら契約当初の金利のまま最長35年間に渡って固定され、返済を続けることができます。

 

これによって契約の段階で月々の返済や最終的な返済額をあらかじめ把握することができ、より計画的な返済が可能になるのです。

 

また、低金利が底値となっているといわれる現在の金利状況もフラット35を利用する大きな要因となっています。

 

ということは、この制度を利用する際には金利がもっとも重要なポイントとなります。

 

フラット35の金利は融資が実行された時点の金利で固定されるため、もし融資を受けたあとにさらに金利が下がった場合は損をしてしまうわけです。

 

これ以上下がらないくらい低い水準にある状況とはいえ、最大8000万円という高額の融資となるため、ほんのわずかな変動でも利息に大きな変化が生じるだけに、申込み時の金利の状況に注意が必要です。

 

フラット35を申し込む際には審査と金利の両方を見極めたうえで申し込むタイミングを決定する必要があるわけです。審査に関しては申し込んだ当時の信用状況、とくに申込者の信用情報が大きな判断基準となります。

 

できるだけ他の金融機関からの借入れがない状態、あるいは少ない状態で申し込んだ方が審査に通りやすいのです。その一方でできるだけ金利が有利な状況で申し込んだ方が有利になります。

 

この両方をうまく見極めたうえで最適なタイミングで申し込むことで審査をクリアし、低い金利の状況で融資を受けることができるのです。

 

金利は毎月変動します。注意したいのはフラット35の金利は横並びというわけではなく、取り扱っている金融機関によって異なっている点です。

 

ですから、どこに申し込んでも同じというわけではありません。これは審査についても同様で、金利が低く、審査に通りやすい金融機関を選ぶのもひとつのポイントとなってくるでしょう。

 

原則として金利は毎月第2営業日に更新されています。これからフラット35の申込みを検討している場合には毎月欠かさずにチェックしていくとよいでしょう。

 

なお、フラット35の金利は申し込んだ段階のものではなく、あくまで融資された資金を受け取った段階での金利が適用されることになります。

 

ですから現在の金利で利用したいと考えている場合には審査から契約にいたるまでの日数も計算に入れたうえで申込みを検討するとよいでしょう。

 

こうした金利面に対する配慮だけでもずいぶんと利息の額に違いが生じてくるもの。住宅ローンの鉄則として覚えておきたいところです。

住宅ローン・フラット35検討中の方におすすめの銀行ランキング

サムネイル
  • フラット35の最低金利
  • 融資事務手数料・諸費用最安水準
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • ネット利用で繰上返済10万円から
  • フラット35で返済総額が安い
  • 繰り上げ返済手数料・保証料0円
  • 団信保険料は本人が負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 申し込みから契約までネットで完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 三菱UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 最低水準の低金利が魅力
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料・一部繰り上げ返済手数料も0円
  • 返済額を少なくする借り換えを実現
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料は最大15回無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35で最低水準の低金利
  • スピード審査・安定収入で申し込み可能
  • 住宅ローン専門で10年の実績
  • ARUHIメンバーズクラブが便利
  • 全国に店舗を展開・安心サポート
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み