フラット35審査と他のローン

フラット35の審査でマイナスになるローンの種類は?

家族
フラット35も他の住宅ローンと同様、審査をクリアしてはじめて融資を受けることができます。ですから申し込む際にはできるだけ審査に通りやすい状況にしておく必要があります。

 

収入や職業、あるいは勤続年数などがとくに重要なポイントといわれていますが、そのほかにも建物の価値や設備・状況、さらに申込者の信用情報も審査における重要なポイントです。

 

これら審査の基準の中でも比較的事前に調節しやすいのが信用情報です。具体的に言えば申し込む際に借入れがあるかどうか、あるならばどのような借入れなのかが審査の際に問われるのです。

 

家庭の経済状況によっては他のローンや借入れを抱えているケースも少なくありません。必要ならばそれらを完済・解約する必要もあるでしょうし、そうでない場合にもフラット35の返済に影響を及ぼすものではないことを証明することが求められます。

 

他のローンについてはその種類によって審査に影響が出てきます。

 

もっともマイナスイメージを与えやすいのが消費者金融からのローン。金利が高く負担が大きい点、また消費者金融のローンを利用するほど経済的に追い詰められている状況と推定されるなどの審査においてマイナス要因となってしまいます。

 

それから用途を限定しないカードローン。こちらも経済状況が厳しい、あるいは計画的にお金を使うことができないといったマイナスイメージが伴ってしまいます。

 

逆にあまりマイナスにならないローンとしては自動車ローンや教育ローンが挙げられます。

 

これらは家庭生活において不可欠なものと判断されるため、審査の基準はもっぱらその返済が家庭の経済状況、フラット35の返済の負担にならないかに絞られます。

 

収入におけるそのローンの返済額がどの程度かがとくに大きなポイントとなるでしょう。

 

他のローンを完済したうえでフラット35を申し込むのがもっとも理想的ですが、なかなか難しいもの。

 

ですからできるだけ審査の際にマイナスにならないような借入れ状況にしておくことが重要となってきます。とくに注意したいのが複数の借入れがある場合。

 

その場合には借換や一本化によってすっきりした形にしておきたいところです。また消費者金融からの借入れを銀行ローンに切り替えるだけでも審査に大きな影響を及ぼす場合があります。

 

なお、カードローン、キャッシングは必ず返済したうえで申し込んでおくのが鉄則といえるでしょう。他のローン、借入れの状態でその人の信用、経済状況など幅広い面が判断されてしまいますから、計画的に返済できる能力を備えていることを証明できるような環境にしておきたいところです。

住宅ローン・フラット35検討中の方におすすめの銀行ランキング