フラット35審査の手続き方法は?

フラット35審査の手続きはどうすればいいの?【新築物件の購入!】

調査
フラット35は新築・中古住宅どちらでも利用することができます。

 

とくに建築費・購入費に多額の費用がかかる新築の購入において大きな魅力を発揮してくれるでしょう。

 

最長で35年間、固定金利で返済することができるため、金利の変動リスクを気にすることがない状態で毎月確実に返済をしていくことができます。

 

先行きの見えない経済状況、さらに低金利が続いている現在において最適な住宅ローンの選択肢とも言われています。

 

そんなフラット35で新築住宅を購入する際には正しい手続きと審査のクリアが大前提となります。

 

まず手続きをしっかりしなくては条件を満たすことができません。申し込んだらすぐに審査が行われるわけではなく、まず必要な準備を整えておく必要があります。

 

新築の際、最初に必要となるのが設計検査の申請。フラット35では住宅金融支援機構が設定する技術基準に適合している物件であることが融資の大前提となっています。

 

審査でも他の住宅ローンとは異なり、個人の経済状況や信用情報よりも物件の担保価値を重視すると言われていますが、まず大前提の段階でしっかりとした物件を購入することが求められているのです。

 

そのため、新築住宅を購入する際にはあらかじめ設計検査を受け、合格の証明を受け取っておかなければなりません。

 

合格の通知・証明をもらったうえで申込みを行うことになります。フラット35はさまざまな金融機関が取り扱っており、それぞれ金利や事務手数料などに違いが見られます。

 

また審査の通りやすさにも差が生じると言われており、事前に情報収集を行ったうえで慎重に判断するとよいでしょう。やはりできるだけ諸経費を少なく済ませられる金融機関を選びたいところです。

 

申込が受理されたらいよいよ審査です。これにはだいたい1〜2週間程度の期間がかかるといわれています。他の住宅ローンに比べるとやや期間が長くなる傾向も見られますから、その点も踏まえた上で申込みのタイミングを決めるとよいでしょう。

 

なお、住宅の検査は工事の中間や竣工時にも行う必要があり、原則としてそのたびに合格の通知と証明が必要となります。

 

なお、竣工時の検査で合格した場合には最終的に適合証明書を申請し、交付を受けます。

 

この適合証明書はフラット35の融資を受ける際に欠かせないものとなるので必ず入手するようにしましょう。

 

審査が通り、適合証明書を金融機関に提出するといよいよ契約となります。この手順を滞りなく行い、無事融資を受けられるようあらかじめ準備しておきたいところです。

住宅ローン・フラット35検討中の方におすすめの銀行ランキング