フラット35仮審査

フラット35の仮審査のシステムは?

リビング
住宅金融支援機構と民間企業の提携によって提供されているフラット35。最大で35年間、固定金利で融資を受けられるのが最大の特徴で、超低金利時代と言われている現在において非常に注目を集めているローンとなっています。住宅ローンを利用したい人にとっては必ず検討する価値のある選択肢ともいえるでしょう。

 

このフラット35は審査に通りやすく、利用しやすいとも言われています。必ずしも通常の銀行ローンに比べて審査が甘いというわけではないのですが、条件によっては銀行ローンでは審査をクリアするのが難しい状況の人でも利用できるケースが多いとも言われています。

 

そんなフラット35に申し込む際にはまず仮審査が行われます。基本的にはこの仮審査をクリアしてはじめて本審査、そして最終的な融資の有無が決められるのです。ですから、まず仮審査をクリアすることが大前提となるわけです。では、仮審査はどのようにして行われるのでしょうか。

 

フラット35の仮審査では2つの基準によって判断されます。まず申し込む人の信用情報や経済力・返済能力。借りたお金をきちんと返すことができるかどうか。どの住宅ローンでも必ずチェックされる部分といってよいでしょう。もうひとつが物件の担保価値。つまり融資によって購入する物件の価値です。万一支払いが滞ってしまった場合、この物件が担保になりますから、できるだけ高い方がよいわけです。フラット35の場合、本人の返済能力よりもこの物件の担保価値の方が重視されるとも言われています。単に価格の問題だけでなく、資産価値、将来的な価値の上下落などもチェックの基準となりますから注意したいところ。

 

本審査との違いはこれらの基準はすべて申込者による自己申告によって行われること。つまり、金融機関の側で調査が行われることはないのです。ですから、きちんとした形で申告することが非常に重要になってきます。審査に通りたいからといって偽りの申告をしてしまうと、仮審査をクリアしていざ本審査に移った際に大きなマイナスになってしまう恐れがあります。虚偽の申告をした事実はその人の信用能力を大きく傷つけますから、それが原因で落ちてしまう可能性があります。

 

このように、まず仮審査をクリアするための自己申告が重要になってきます。自身の正しい状況の把握、そして正直な申告を心がけた上で申し込むようにしましょう。とくにギリギリのラインにいる場合には注意が必要です。長期間にわたって利用し続けるローンですから、無理をして借りてもどのみち返済が困難になってしまいますから気をつけましょう。

住宅ローン・フラット35検討中の方におすすめの銀行ランキング