フラット35Sのおすすめは?

フラット35S比較の方法は?

比べている画像

フラット35Sを取り扱っている金融機関は色々とあります。

 

低金利で住宅ローンを利用できるのはどこも同じですが、金利が異なっていたり、手数料や諸費用、サービスが違っていたりするので「フラット35Sならどこも一緒」と考えずに必ず比較をしてから決める様にして欲しいと思います。

 

では、フラット35Sの比較はどの項目で行えば良いのでしょうか。

 

過去に住宅ローンを利用した方ならある程度は分かると思いますが、初めて比較をする方はどこを比較したら良いのか分からないと思いますので、この項でフラット35Sの上手な比較方法についてお話していきます。

 

◆ 金利

フラット35Sの比較をする時は、まず金利を確認する様にしましょう。金利の比較は基本です。たった0.01%の差でも実際の金利に大きく影響を及ぼすので頑張って少しでも金利の低い金融機関を探す様にして欲しいと思います。

 

また、金利の比較をする時はプラン同士で比較する様にして下さい。当然ですが固定金利と変動金利を比較しても意味がないですからね。当初何年の金利がどうなっているかなど細かい部分まで比較することで一番お得な業者を探す事が出来ます。

 

◆ 相談

住宅ローンを借りた時は色々と相談にのってもらわなければいけないケースが出てきます。どこの金融機関でも住宅ローンに関する知識は豊富ですが、対応にはかなりの差がでてきます。スタッフの対応が悪いと契約をして損をした気分になったりするので契約を考えている業者には事前に相談に足を運んでスタッフの対応をチェックしておく様にしましょう。契約を終えてから「ここ対応悪いな」と思っても後の祭りなので気を付けて欲しいと思います。

 

◆ サービス

金利比較も大事ですがその他のサービスも意外と大事だったりします。業者によっては指定口座を使う事で手数料や金利を更に値引きするといった特典をつけています。事務手数料が安くなる特典はかなり大きいですね。この他、色々なサービスを行っているのでどの業者が一番得かを考えていきましょう。また、サービスの比較をする時にはキャンペーンもついでにチェックしておきましょう。キャンペーンはサービスと違っていつもしているものではないですが、タイミングよくキャンペーンを利用できれば更に得する事が出来ます。

 

上記3つがフラット35Sの比較ポイントです。金融機関はそれぞれ特徴があるので、これらをしっかりと比較して総合的に一番良いと思える業者のフラット35Sを選ぶ事をお勧めします。そうすれば、フラット35S選びで失敗する事はないでしょう。

 

比較は面倒ですが、ここを疎かにしてしまっては後で後悔する結果となるので頑張って下さい。

フラット35S審査に通るランキング! 【2017年12月最新版】

サムネイル
  • フラット35最低金利と安い手数料
  • 諸費用の安さで返済総額をおさえられる
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • ネット利用で繰り上げ返済は10万円〜
  • 日本全国どこからでも借りられる
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 最安水準の低金利・支払い総額を削減
  • 団信生命保険料と全疾病保障保険料が無料
  • 金利の安さとサービス内容で高い評価
  • 借り入れまで来店不要
  • コンビニATM利用手数料が月5回まで無料に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35最低金利を達成
  • スピード審査・安定収入で申し込み可能
  • ARUHIメンバーズクラブがお得
  • 全国に100以上の店舗展開、安心のサポート
  • 7年連続フラット35シェアNo.1
  • フラット35は団信生命保険料は本人負担
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利諸費用を含めトータルでお得
  • 事務取扱い手数料54,000円〜162,000円
  • 団信保険料無料・保証料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 将来に備えるコントロール返済
  • 6つの手数料0円でお得
スペック 矢印 申し込み